アルファどうぶつ病院 ホームへ戻る
診療内容
フィラリア
予防ワクチン
不妊治療・去勢治療
健康診断について
よくある質問
アルファどうぶつ病院
アルファどうぶつ病院 ホームへ戻る ごあいさつ 診療案内 院内紹介 ペットホテル アクセス

よくある質問

よくある質問

動物保険などについて

当院ではアニコム、アイペットなどの動物保険に対応しております。
また各社クレジットカードのご利用も可能です。
詳細はお問い合わせください。

犬と猫の不妊(メス)・去勢(オス)手術の適期はいつごろですか?

様々な意見があると思われますが、当院では生後6か月齢前後をひとつのめやすとしています。ですからその少し前に来院してもらって健康状態、発育状態などを確認し、手術時期を決定するのが一般的です。

不妊・去勢手術のメリット、デメリットは?

■メリット
  ・雄犬・精巣等の腫瘍、前立腺疾患の予防。
  ・マウンティング行動の抑制など。
  ・雌犬・発情時の出血がなくなる。
  ・子宮卵巣疾患の予防、乳腺腫瘍の発生率低下(特に初回発情前の早期実施が効果大)
  「雄猫」
  ・おしっこをかける行動(スプレー行動)の抑制。
  ・ケンカなどの危険性の低下。
  ・室内で飼いやすくなる。
  「雌猫」
  ・子宮卵巣疾患や乳腺腫瘍の発生率の低下。
  ・発情行動がなくなり家で飼いやすくなる。

■デメリット

  ・肥満になりやすくなるので食事の工夫などが必要。
  ・全身麻酔および手術にかかわるリスクはどうしても生じる。

ペットの口腔衛生とはどんなことですか?

歯の表面に「歯垢」が蓄積することにより、動物の口臭はひどくなります。
そして石のように硬く茶色い「歯石」が形成され、さらに蓄積されていくと「歯周病菌」による炎症により「歯肉炎」をおこします。 歯肉炎を放置しておくと「歯槽膿漏」になって歯が抜けたり、「全身性の感染症」が起きることもあります。
ですから歯磨きなどの積極的な予防や、蓄積してしまった「歯石」を病院で除去する処置が必要になります。

歯石除去処置はどうしたらよいのですか?

処置を安全に確実に行うためには全身麻酔が必要になります。
当然麻酔の前には血液検査等の必要な検査を前もって行い、安全性を検討してから実施日を決めます。したがって予約制となります。
全身麻酔の処置となりますが、原則的には日帰りの処置です。

犬や猫はどのように歳をとっていくのですか?

寿命は大型犬で約10年、猫や中小型犬で約15年程と考えてください。 (例外もあります)小型犬では10か月まで、中型犬では12か月程で成犬になり、7歳ごろから老齢性変化が始まるといわれています。
大型犬では15か月程で成犬、5歳ごろから老齢性変化また猫は1年で成猫、7歳ごろから老齢性変化が始まるといわれています。

 

Copyright(C) ALPHA AMIMAL CLINIC all rights reserved.